anzuのブログ

カテゴリー:LIVE・音楽・バンT・カバーソング・日々の事・ぶらぶら歩き・食べ物・登山・登山バッジ・お守り・映画・旅行・漫画・夢日記・あんず・闘病日記。スマホの場合はタイトル下の「映画」「ライブ」などを押して頂くとカテゴリー毎に表示されます( ̄人 ̄)

花園神社 酉の市前夜祭と見世物小屋

本日、26日は酉(とり)の市です
 
私は昨日、酉の市の前夜祭に行って来ました
 
今回の目的は「見世物小屋」です
以前から見たいと思ってて行けずじまいだったんですが
今年は思い切って行ってみようと仕事を終えた後に行ってきました
 
以前から見たかった「見世物小屋」に行くので
朝から気持ちは「見世物小屋」に向かっています
 
正直、仕事は上の空ですへ(´∀`へ)ヨイヨイ♪
 
そして拘束された長い時間に開放され、いざ花園神社へ
 
イメージ 1
 
久々に夜のお祭りに繰り出しました~
 
前夜祭とはいへ、凄い人でした
 
イメージ 2
 
この日の目的は見世物小屋ですが、せっかく来たのでまずは参拝です
皆が健康で幸せに暮らしていけますよーに
 
イメージ 3
 
そして恒例の熊手です
皆さん、大きいの買ってましたね~
 
イメージ 4
 
境内は活気に満ち溢れていました
 
そして今日の最大の大イベント「見世物小屋」へ
 
イメージ 5
 
見世物小屋の前では「タンカ」と言われるオバちゃんが客寄せをしています
持ってる蛇はあとで蛇女に食べられます
 
щ(゜ロ゜щ)オーマイガーッ!!
 
イメージ 6
 
看板には江戸川乱歩丸尾末広の世界が広がっています
 
イメージ 7
 
江戸川乱歩の小説には見世物小屋のシーンがよく出てきます
戦前、昭和初期辺りには多くあったそうですが
今では経営しているのはこの「大寅興行社」1件のみだそうです
 
そして恐る恐る中へ…
 
わーーーっ
いきなりチェーンを鼻に入れて口から出してるよォー。o゜o(´□`*)o゜o゜о
 
写真撮影は禁止の為、写真は撮れませんでしたが
一言でいうと凄い!面白い!でした
 
イメージ 8
 
テレビに出てくる生ヌルイ安芸人とは違った度肝を抜くような芸には
芸人魂と言うか、きちんとしたポリシーを感じました
 
 
芸で人の心を揺さぶる見世物小屋の人達の仕事は何だか凄いな…と感心しました
 
イメージ 9
 
中でも凄かったのが20代半ばぐらいの小雪太夫ちゃんです
この、小雪太夫ちゃんは本当に生きた蛇を食いちぎり生き血を飲みます
 
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
 
ヤラセでは無くホントです
 
小雪ちゃんに食べられちゃう蛇は可哀そうだけど(´∩`。)
小雪ちゃん、アナタは凄いです
 
元々、小雪ちゃんはお客さんとして見ていたそうですが
蛇食いを披露していたお太夫さんの芸を見て
「ワタシも蛇食べてみたい…」
と、19歳の時にこの世界に入ったそうですよ~
 
世の中にはおかしな人が居るものです(笑)
 
他にも数々の奇行な芸が披露されますが
それは皆様が行ってからのお楽しみ~
 
因みに今日が酉の市の本祭なので今晩も見世物小屋の公演はされますよ~
お近くの方は是非是非、行かれてはどうでしょう
 
トラウマになっても責任は持てましぇーんので悪しからず…(笑)