anzuのブログ

カテゴリー:LIVE・音楽・バンT・カバーソング・日々の事・ぶらぶら歩き・食べ物・登山・登山バッジ・お守り・映画・旅行・漫画・夢日記・あんず・闘病日記。スマホの場合はタイトル下の「映画」「ライブ」などを押して頂くとカテゴリー毎に表示されます( ̄人 ̄)

祝☆禁煙?年

旦那は暫くの間、出張~
 
夕飯は茄子とピーマンの味噌炒めでチャッチャと済ませ自由時間~
自由だーーーーー
仕事後にランニングしようと思ったけど雨だから中止
 
いつになく頻繁にブログ更新してます(笑)
 
 
突然ですが、お煙草はお吸いになりますか
 
 
1、全く吸わない
2、吸う
3、以前吸ってたけどやめた
 
 
私は3番なのですが、自分がいつやめたのか覚えていない
多分、5年は経ってるはず
 
 
吸わない人からしてみたら煙草の煙、嫌ですよね~
うん、うん、その気持ち分かります
 
 
でも、最近は禁煙・禁煙ってうるさすぎやしないか
うん、うん、吸う人の気持ちも分かるな~
 
 
 
禁煙に成功した人は直ぐにやめられましたか
私は直ぐにやめました( ̄▼ ̄*)自慢
 
やめる気は全く無かったんです・・・
煙草が数本残ってる状態だったんですが
風邪で咳が酷くて1日だけやめてみようと始めて
それが2日、3日となり、ここまできたならついでにやめちゃうか
って事で今に至ってます
 
 
まぁ、この頃から少し登山などするようになって
キレイな空気を吸っているのに
わざわざ汚れた煙を体内に入れる事も無いか・・・
とは、ちょっと思い始めていた時期でもあったんですがね
 
でも、スパッとやめた自分の意思の強さにはビックリ~でした(笑)
 
 
健康がどうこうって言うよりも、今は外で吸う場所が限られてるから
思うように煙草も吸えなくなってるし、煙草吸う場所を探すにも
労力使うしで、そんな事でやめて良かったかな~と思ってます
 
 
 
でもね、毎日クタクタになって働いて税金ガッポリ取られて
拘束された時間の中で唯一許される個人の自由
それさえも許されない世の中なんだから、ストレス溜まっちゃうよね
(私の事じゃなくて世の中の人ね)
 
 
 
最近は映画の中でも喫煙シーンを禁じられる事も多いみたいなんだけど
映画の中で煙草を吸うワンシーンはカッコイイものも多い
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
キャーマックイーン男だね~\(*≧∇≦)/
 
 
 
イメージ 3
 
女性だってカッコイイ
映画「パルプフィクション」より
 
 
 
 
イメージ 4
 
ブラッド・ピッド
スナッチ」よりこの映画は面白いよ~
 
 
 
イメージ 5
 
 
おーーーーい
これは違うもん吸ってんじゃないかーーー(笑)
しんずれいしやしたー
 
 
煙草吸う姿がカッコイイと思うのも既に時代遅れになってしまったかな
 
 
 
 
 
煙草を吸うシーンで印象深いのは
三島由紀夫の小説「金閣寺」の最後なんですが
主人公が金閣寺に火をつけ、高台に逃げた後
煙草に火を付け一服し、燃え盛る金閣寺を眺めながら
 
「生きようと思った」
 
と、決意するシーン
 
イメージ 6
 
いや~三島先生カッコイイさすが
三島の著書の中では「金閣寺」が一番好きです
それは、この最後の一言にやられたからです
途中の変態描写を(笑)忘れるぐらいの一文です
ここで煙草を吸う、吸わないではイメージが違ってくるんですよね~
 
 
確かに煙草は体に悪いものかもしれませんが映画や小説に欠かせない
文化的な役割も担ってるような気もします
色々な意見はあるとは思いますが・・・あくまでも個人的意見です。
 
 
今後、私は吸う事は無いとは思いますが
吸ってる方、負けずに頑張って下さい・・・(笑)