anzuのブログ

カテゴリー:LIVE・音楽・バンT・カバーソング・日々の事・ぶらぶら歩き・食べ物・登山・登山バッジ・お守り・映画・旅行・漫画・夢日記・あんず・闘病日記。スマホの場合はタイトル下の「映画」「ライブ」などを押して頂くとカテゴリー毎に表示されます( ̄人 ̄)

CJ RAMONE ☆ 渋谷クラブクアトロ

 
RAMONES が結成されたのが1974年
 
イメージ 1
 
私が産まれた年に結成され今年は結成40周年なのだ。
 
その20年後・・・
1994年 私は初めてRAMONESをクラブチッタ川崎で観る事ができた。
その翌年、95年も同じくチッタでライブを観た。
 
結果的に95年に観たライブが最後となりRAMONESは解散してしまう。
解散だけなら未だしも、ジョーイ(2001年)、ディーディー(2002年)
ジョニー(2004年)と立て続けに逝ってしまった・・・
そして今年2014年にもオリジナルメンバーだったトミーまで
 
もうRAMONESのライブは観れないのだ。。。
 
私が最初にRAMONESを観た94年から更に20年・・・・
あの男がやってきた
 
 
 
イメージ 2
 
RAMONES 2代目ベーシスト
CJ RAMONE!
 
 
イメージ 3
 
11月4日(火) 渋谷クラブクアトロ
RAMONES解散後もチョクチョクCJは日本に来てはいるけど
今回の来日はRAMONES生誕40周年って事もあって
なんと1stアルバムの「ラモーンズの激情」を完全再現するそうじゃないか
 
これは行かにゃ~損って事で
1日に行った若葉のライブの余韻冷めやらぬままCJ ラモーン
渋谷クアトロへGOGO~
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 はい。若葉T着て未だ余韻に浸っておりやす(*´∀`*)
そしてまさかの自撮り(笑)すまんね
多くの人がRAMONESのTシャツを着ていたライブ会場の中
若葉着てCJだイェイ
 
 
 
 
イメージ 5
 
ライブが始まる前、DJがRAMONESの曲をかけまくる
この日は、RAMONESの事が好きで堪らないって人が集まってるのだから
そりゃーRAMONESの曲が大音量でかかれば踊らずにはいられないでしょ
 
ライブが始まる前からライブ状態
チョー良い雰囲気(*´∀`*)
 
コアなファンでなければジョーイや、ジョニーのいないRAMONES
曲を聴きにこないよね(笑)
 
でもねジョーイや、ジョニーのいないRAMONESなんてって
来れる場所に住んでいながら来なかったアナタは人生を一つ無駄に
遣り過ごしてしまったよ(笑)
 
 
イメージ 11
 
CJ 登場!!!
 
1曲目からいきなり「BLITZKRIEG BOP」!!!
 
 
 
 
シージェーー!\(*≧∇≦)/!
 
先日の若葉に引き続き跳ねる跳ねる跳ねる
だってじっとなんてしていられないでしょ
 
Hey! Ho! Let's Go!
 
手を振り上げ叫ぶ叫ぶ叫ぶ
 
 
2曲目間髪入れずに「BEAT ON THE BRAT」!!!
 
ガキをどつけ!金属バットで!(笑)
 
 
イメージ 6
 
ダイブダイブ
この日のライブは平均年齢30後半から40代って感じ
ダイブするのはいいけど無茶しちゃダメよ
もう若くないんですから~(笑)腰痛めるわよ(^m^ )
 
でもね、明日の事なんか考えずにダイブする気持ちも分かるわ
大好きなRAMONESのメンバーが目の前で歌ってんだからさ
 
1stアルバムから全曲演奏するとは言ってたけど
アルバムの順番通りのセトリ
 
いんや~燃えたね
 
 
セトリ
1、BLITZKRIEG BOP
2、BEAT ON THE BRAT
3、JUDY IS A PUNK
4、I WANNA BE YOUR BOYFRIEND
5、CHAIN SAW
6、NOW I WANNA SNIFF SOME GLUE
7、I DON'T WANNA GO DOWN TO THE BASEMENT
8、LOUDMOUTH
9、HAVANA AFFAIR
10、LISTEN TO MY HEART
11、53rd & 3rd
12、LET'S DANCE
13、I DON'T WANNA WALK AROUND WITH YOU
14、TODAY YOUR LOVE, TOMORROW THE WORLD
↑ここまでが全て1stアルバムより
 
15、UNDER STAND ME?(CJの曲)
16、PSYCHO THERAPY
17、WON'T STOP SWINGING(CJの曲)
18、WHAT'S YOUR GAME?
19、SHEENA IS A PUNKROCKER

20、ONE MORE CHANCE(CJの曲)

21、STRENGTH TO ENDURE
22、COMMANDO
23、SHE'S THE ONE
24、ROCKAWAY BERCH
25、PINHEAD

26、GLAD TO SEE YOU GO
27、CRETIN HOP
28、CALFORNIA SUN
29、RAMONES
 
 
このセトリ見ればRAMONES好きはどれだけ感極まるj状況か分かるでしょ
(CJの曲)って書いた以外は全てRAMONESの曲だからね。
そしてあの曲まで当時のまま再現してくれた
 
 
 
GABBA GABBA HEY!
 
この文字のかかれたボードを掲げピンヘッド登場!
 
有難うCJ
私はステージに、ジョーイ、ジョニー、ディーディー、トミーの姿が見えたよ!
そんな夢を見させてくれた最高の夜に感謝!
CJだって今は自分のバンドで活動している訳で自分の曲がたくさんあるはず。
アルバムも出るようで自分の曲も演奏したいだろう・・・
そこを敢えてRAMONESの曲盛りだくさんでライブしてくれるなんて
最高に嬉しいじゃないか!!!
 
そして!CJが今でもラモーンの名前を捨てずに名乗ってるって事が 
何よりもRAMONESを愛している証拠だと私は感じたよ!
そして私もRAMONES愛は今も昔も変わらないと確信できた!
やっぱりRAMONESは最高だ\(^▽^)/
 
先日の若葉のライブはひたすらに楽しいライブだったけど
この日のライブは、ただただ感動のライブだったなぁ・・・
 
 
イメージ 7
 
ツアーTシャツの表
 
イメージ 8
 
バックプリント
結成40周年の40なんだけど、アタシが今着たら年齢背負ってる
感じになっちゃうわね(笑)
 
イメージ 9
 
定番のRAMONESマーク
XSサイズでピチピチ感がGOOD
 
イメージ 10
 
後ろには結成時の1974の数字
これも、私が着たら産まれた年を背負う感じに・・・(^▽^;)
 
そういえば鳥井賀句さんが来てました。
ROCK好きの人ならお分かりよね。ライナーノーツも書いてたしね。
 
 
イメージ 12
 
CJ も年とったな~
そしてアタシもオバハンになった!
 
20年の月日は見た目を大きく変えるけれど、それがナンだってんだ!?
容姿が変わろうとも同じようにCJはステージに立ち
私はその姿をライブハウスで見ている。
姿は変われど心にある熱い気持ちは20年前のまま!
 
RAMONESの曲に歓喜し、震え上がるような興奮を体感する!
沸き立つ感情に20年の月日は存在しない。
 
RAMONESはマダマダ終わっちゃいないのだ!
CJがラモーンの名を外すまで受け継いでくれている。
そして数多くのバンドがRAMONESの音を引き継いでいる!
 
 
 
 
 
HEY! HO! LET’S GO!
 
20年後もきっと叫んでいるよ!
CJは69歳、アタシは60歳だけどね(笑)