anzuのブログ

カテゴリー:LIVE・音楽・バンT・カバーソング・日々の事・ぶらぶら歩き・食べ物・登山・登山バッジ・お守り・映画・旅行・漫画・夢日記・あんず・闘病日記。スマホの場合はタイトル下の「映画」「ライブ」などを押して頂くとカテゴリー毎に表示されます( ̄人 ̄)

鍋割山~塔ノ岳~丹沢山(神奈川県東丹沢縦走)


今年に入って西丹沢の畦ヶ丸、飯能の伊豆ヶ岳と登山しました。
どちらも登山と言うよりはハイキングといった感じ・・・
1月に手術して正直、手術前より元気なんじゃないか?ってぐらい
体調も万全で、そろそろ本格的な登山がしたーーい
って事で今回は標高差1000m以上の山へ行ってまいりましたー

5月8日(金)晴れのち曇

行程
目白駅渋沢駅→大倉バス停→二俣→後沢乗越→鍋割山→金冷シ
塔ノ岳丹沢山→塔ノ岳→堀山の家→雑事場ノ平→大倉バス停渋沢駅


イメージ 1

もちのろん目白始発出発よーん
今の季節はAM4:30でも少し明るいさぁ1日の始まりだぁー




イメージ 2

新宿から小田急線に乗り換えて渋沢駅から大倉バス停へ
GW後の平日にも関わらずバスは満席さすが丹沢は人気あるね
GW中はどれだけ混んでたんだろうと思うと恐ろしやー

7:05 登山開始



イメージ 3

1時間半ほどはゆるやか~な登りを歩きます
地図で確認したところ、この日の歩行時間は

9時間半!!L(゚0゚;)」

かなりのロングコースです
まぁ、今の時期は日が長いから明るいうちに下山出来たとしても
少しでも時間を短縮出来たらいいなと最初の緩やかな道は
早足でブッ飛ばします


イメージ 41

しかもですね
歩行時間だけで無く、標高差もかなりあるのです

大倉のバス停の標高が290m、今回登る最高峰の山が丹沢山の1567m

その差!1200m!!!(×_×)ヒェー

富士山の標高差が1476mただ8合目辺りに宿泊するので
登りの標高差は1200mぐらい

日本で2番目に高い北岳の標高差が1672m標高3000m辺りに
宿泊するから登りの標高差1500mぐらい
宿泊すれば一休み出来ますが今回は日帰り

でも大丈夫この2つの山登ってんだから今回の丹沢も軽い、軽い~
すんませんなめてません(;´▽`A``
地に足付け1歩1歩確実に行かせて頂きやす
山はオゴリ高ぶっちゃダメなのね~ん
それは、がってん承知の助でございます

標高差1200m!
歩行時間9,5時間(予定)!
おっしゃ!しまってこーーo(^▽^)o




イメージ 4



なんだか最近、カメラのピントが合わないのよね
つーか、私の腕が悪いのか(;´▽`A``




イメージ 5

オオカメノキ



イメージ 6




イメージ 7


夏に渡って来る野鳥オオルリの数が非常に多かった
ねっの写真、オオルリの真っ青な羽の色がキレイでしょ~

( ̄▽ ̄;)ワガンネッス・・・

姿は見えなかったけど多くの鳥ちゃんが鳴いてたよぉー
今の季節は多くの野鳥が見れるから、ゆっくりと
バードウォッチングしたいところだけど、なんせ先が長いからね
鳴き声だけで我慢、我慢~



イメージ 8

8:10 二俣

地図の時間配分では、ここに8:35到着予定だったから25分も
短縮できた最初にブッ飛ばしたおかげだな
休憩時間入れないでの9,5時間だからね少しでも短縮だな



イメージ 9


4月~10月頃にかけての丹沢はヤマビルにご注意
季節のようでブログやヤマレコなどでも多くの方がヤマビルに
血を吸われているのを目にします写真だとかなり出血して
痛そうですが血の量の割には痛くはないみたいですね
相当な出血をさせておきながら痛くないって凄いよね。
どうやらヒルの出す唾液が麻酔の役目をしてるらしい

高度な技を持ってるヒルすんげーー
丹沢はいつも多くの人が入ってるから丹沢ヒルズは食料には
困らないわねちょっとぐらいなら吸わせてあげてもいいんだけど
あの姿がね・・・(^▽^;)チョイキモだしね・・・
因みに私はヒルにやられた事はございません。
雨上がりとか、ジメっとした所に出やすいようね。



イメージ 10

雲一つ無い晴天
まず最初に行く山、鍋割山の山頂では富士山がドドーンと見えるから
こりゃ期待出来るわねー丹沢ヒルズの被害も無さそうだわ~



イメージ 11

卯の花(ウツギ)



イメージ 11

今回は鍋割山、塔ノ岳、丹沢山と3つの山を縦走しますが
2012年の10月に鍋割山と塔ノ岳の縦走はしています。
こういうの思い出す時にブログ見直せるのでやってて良かった~って
思う瞬間よね。2012年に来た時は今回下りで使うルートから登って
塔ノ岳~鍋割山と縦走しました

の写真は鍋割山の山頂にある鍋割山荘にボランティアでボッカを
募る看板が出ています。何を運ぶかはご自身の体力に任せて選びます
イメージ 42

2012年に行った時のブログを読み返していたら
その時は下山だったからボッカが出来なかったので
「ここは女の見せ所!カッコつけたかったわ~」なーんて
下山なのを言い事に生意気申しておりましたヽ(`・ω・´)ノ

今回は登りだから、いくらでも運べるぞー
さてどーするアタシ・・・(;´▽`A``カッコツケタブン、コマッター!
なにも運ばないのかアタシャ口だけヤロウかえぇっ
何を運んだかはまた後ほど・・・ε-(;-ω-`A)


イメージ 12

じっとしていれば風薫る爽やかな5月の気候
ただ、登山となると今の爽やかな季節でもかなり暑いです
丹沢は水場が無いので水持参しますが足りなくなって
水が飲めない事ほど苦しい事はありません
なので、万が一の事も考えて水は多めに持参します。
この日の水は3リットル
ここまではそんなに急登では無いので水は殆ど残っていました。
そしてプラスのボッカの荷物が・・・オモイッス(+-_-)チビットコウカイ・・・


イメージ 13

8:50 後沢乗越




イメージ 14

ボッカが始まった途端、急登の連続なのですよー
いやいや、これっきしの事で弱音を吐いたらいかんです
この重さは以前、北アルプス表銀座歩いた時ぐらいかな
あの時はもっと険しい梯子や岩場を歩いたじゃないか
あぁ・・・こうやって登山は精神鍛えられるんだなぁ・・・
辛き時を思い出し、今を知る・・・



イメージ 15




イメージ 16

スミレ

「山路来て 何やらゆかし すみれ草」 芭蕉



イメージ 39

エイザンスミレ

「そこかしこ すみれすみれの 山歩き」 旦那作


イメージ 17

カケスの羽

鷹にやられたのでしょうかカケスの羽がたくさん散らばってました
自然の中では当たり前の光景ですね・・・
この前も里山に出てきた絶滅危惧種ツキノワグマが殺されてたけど
それで解決するのか里山に出てきた人間傷付けた熊は皆殺しか
そんで絶滅した朱鷺なんか大事に育てちゃって訳分からんね
絶滅させたのは私達日本人だろ
熊も絶滅したらまた隔離して増やして野生に放すかアホか!凸(`Д´メ)
自然の生き物は人間の所有物じゃねーんだぞーーー

イメージ 43

ひたすらの登りはマダマダ続くよー
リュックが肩にズッシリとーーー


イメージ 18

9:50 標高1272m 鍋割山到着~!

本日登る1座目の山にやっと到着~
まだまだ先は長いぞ~



イメージ 19

鍋割山荘にボッカして来た荷物を渡します
ここの鍋焼きうどんがですね~ひっじょーーーに美味しいのよ~
登山した後だから余計に格別なのよね

でも、今回はここまで来たにも関わらず我慢です
時間が早すぎるのもあるけど先が長いので、あまりゆっくりも
していられないのですまた来年になっちゃうかな・・・

という事で2012年に行った時に食べた鍋焼きうどんの
写真だけでもどぞ(^m^ )


イメージ 9


あ~写真見てたら食べたくなってきたぁ~~(×_×)

で!

何を運んで来たのかといいますと・・・



















イメージ 20

これだけか~~いヾ(-д-;)

リュックの重みが肩にズッシリとか、過去のブログでは
ボッカしてカッコ付けたかったとか言っておきながら


これだけか~~~いヾ(-д-;)

2回言っときましたわ(笑)

言い訳するとですね、登山する際には絶対に晴れと天気予報で
言っていても必ず合羽は持ちます。万が一を考えてアレも、コレもと
結構リュックがパンパンになってしまうのよねん。。。
山は平地の感覚と違うから行けば行くほど用心深くなるのよ・・・

あ、何が言いたいかと言うとリュックにね、入らないのです
でも、そばつゆ1本でも重みを感じたわーそのおかげで
荷物渡した後のリュックがメチャメチャ軽く感じたけどね~(人´∀`)
辛い試練を乗り越えた時、人は成長するものさ~
なんかどっかの安っぽい歌手の歌みたいね(笑)

でもさ、他の方のブログとか見てるとペットボトルの水5本とか
皆、かなりたくさん担ぎ上げてるんだよね~
ブロ友さんの旦那さんなんか7本も担いでたよー
さすがだね~(*´∀`*)

しかし、そばつゆに「にんべん」使ってるのが関心しちゃったわ
結構高いじゃないでもやっぱり、そばつゆは「にんべん」よね



イメージ 21


鍋割山の山頂からは本来なら富士山がドドーンと見えるはずなのに
早朝はあんなに晴れていたのに見えーーーん。゜(>д<)゜。

以前来た時も見れなかったのよね
じゃんねん

さ!気を取り直して次目指すは塔ノ岳


イメージ 22

素敵なブナの木~



イメージ 23


10:55 金冷シ通過

アップダウンを繰り返して~


イメージ 24


11:10 標高1491m 塔ノ岳に到着~!

塔ノ岳でも富士山は見れず・・・
塔ノ岳から見る富士山、キレイなんだよな~
まぁ、丹沢は頻繁に来るだろうからまた今度だな


イメージ 25

狗留尊仏如来に登山祈願
ナムナムナム・・・(>人<*)


イメージ 26


ここでおっ昼~~
ここの所はカップラーメンだったけど、今日はおにぎり
中身は梅干登山には塩分補給も大事よね~



イメージ 27

11:30 丹沢山に出発\(^▽^)/
予定よりも45分ぐらい早く到着してるから、もう少しユックリしても
いいんだけど先が長いとサッサと行こうかってなっちゃうのよね
早く到着出来たら、それはそれで構わないしね。遅くなるよりかはね


イメージ 28

地上1400mの尾根歩き
尾根歩きは登山の醍醐味ね~\(*≧∇≦)/キモチイイー



イメージ 29

マメザクラ



イメージ 30


塔ノ岳~丹沢山はピストンになるので再び同じ道を歩く事になるのです



イメージ 31

12:25 標高1567m 丹沢山に到着~!

丹沢には何度か来てますが丹沢の名の付くこの山に登頂するのは
今回が初めて!塔ノ岳と鍋割山は登ってるけどルート組む時に
丹沢山だけではつまらないし、夏に向けてガッツリ歩きたいって事も
あったので縦走にしましたここからも富士山バッチリのはず
なんだけどな~丹沢は天気が良いと素晴らしい富士山が眺められますが
この日は最後まで駄目でしたわ~


イメージ 40


さ、一休みして再び塔ノ岳に戻りましょ
奥多摩や、秩父、奥武蔵などで平日に登山すると登山者と出会う人数が
5名以内ぐらいだったりするんだけど、丹沢はいつ来ても人が多い
平日だから登山渋滞がおきる程では無いけどね。
そして若い人も凄く多いこの日は3,4名で来てる20代の
お兄ちゃんも多かったな~いや、いい事ですな若いときに
自然に触れ合ったり海外に行ったり、旅行したり視野が広がると
ぜーったいに心の豊かさを磨く感性が沸くと思う
海外に行くと特に自分の視野の狭さを感じるわね・・・
って私、そんなに多くは行ってないけどさ(笑)

私も20代中ごろぐらいから鳥や花に興味もって少しずつ
名前覚えたりして、ババくさいね~なんて言われた事あったけど(笑)
花や野鳥を楽しむのはジジババだけのもんじゃ無いのですよ
誰でも入れるしょーも無い大学行くぐらいなら
野に咲く花の名前や鳥の名前を覚えた方が後々の人生楽しいよ

どこで何を楽しむかは人それぞれだけど、まぁ、楽しむって事よね。
内容は何であれ・・・音楽や映画を楽しむのも、その一つよね
スマホばっかいじってんじゃないぞーーー(笑)
最近、電車乗ると90%の人がスマホいじってるけど
面白いオモチャ与えられた猿のようだわヽ(`・ω・´)ノ(笑)



イメージ 32

ルリビタキのメス発見
オオルリと違って、ちょっとはマシに撮れてるでしょ
近くにオスがいて、オスはブルーでキレイ鳥ちゃんなんだけど
メスしか撮れんかったわ・・・ジョウビタキのメスとよく似ていて
目がつぶらで可愛いのです(人´∀`)


イメージ 33


13:40 再び塔ノ岳に戻ってまいりました

なんだか凄いガスっちゃって雨まで降りそうだじょーー
これだから山は分からないわよね。朝あんなに晴れてても数時間で
この天気だもんねなので合羽は絶対に忘れてはならないのです
結局降らなかったけどね


イメージ 34

出ました
大倉のバス停に行く登山道大倉尾根通称バカ尾根
延々とひたすらの登りなのでバカみたいに続く辛い登りだからだそうです

以前は、この道を登ったのですがたいして面白味の無い道なので
今回は下りのみ歩きました。しかし下りも長い
延々・・・延々・・・キャーーー(×_×)です(笑)
夏に向けてアルプスなどに行く訓練として歩く方も多いようですが
私は1回登ったから等分は遠慮しとくわヾ(-д-;)ツカレルシ!




イメージ 36


鹿ちゃん発見



イメージ 35

はい、はい~っとな・・・まだまだ続くよ~何処までも~
登りもだけど、ウンザリしますわ~
疲れた・・・もう嫌だ・・・
いくら好きな事してても嫌な時は弱音を吐きましょー(笑)
アレどっかでこれっきしの事で弱音吐いたらいけんって
言ってたような・・・人の心は移ろい易いのです(笑)


イメージ 37

15:45 大倉バス停到着ーーーヾ(≧▽≦)ノ

スタートから8時間40分
9時間半の予定をだいぶ短縮して到着できました~



イメージ 38

登山後のビールもいいけどソフトクリームも美味しい
16:22発のバスに乗り渋沢駅に向かいました

万歩計より(家から家まで)
54199歩
32,46km

いんや、ひっさびさに歩いたよ~
やっぱ縦走は楽しいね

最後まで有難うです~(●´▽`●)ノ