anzuのブログ

カテゴリー:LIVE・音楽・バンT・カバーソング・日々の事・ぶらぶら歩き・食べ物・登山・登山バッジ・お守り・映画・旅行・漫画・夢日記・あんず・闘病日記。スマホの場合はタイトル下の「映画」「ライブ」などを押して頂くとカテゴリー毎に表示されます( ̄人 ̄)

闘病日記95 白い巨塔パート2

以前、ブログで私が通っていた大学病院内のドロドロした人間関係を色々と書きました。

その時の記事がこちら

闘病日記92 白い巨塔

 

そして8月から新しい病院へ行き、先日は月一のホルモン注射を受けに病院変わって2度目の診察に伺いました。

 

前回の8月の時は担当医が移動して初の外来だったので4時間待ち!長い待ち時間でございました(-_-)けど、こんなに待つのは今回のみで次回はこんなに時間かからないから~って担当医に言われてたんだけど、この日もかなり待った・・・(-_-)2時間半ぐらい?

 

前回よりマシとは言えど、なんでこんなに診察に時間かかってんだ?って感じでした。一人の診察に時間かけないで有名な先生なのに、この日も一人の診察時間が長い!もしかしたら新しい病院に来て、これからは患者の話しをちゃんと聞いてあげなきゃいけない!なんて改心しちゃったんじゃないか?って思っちゃったよ。

 

で、やっと診察に呼ばれそこで言われたのは・・・

 

どうやら、担当医が新しい病院に来る時に、ちゃんと患者の意思を聞かずに連れて行ったんじゃないかって事を元の病院に言われたらしい。しかも、会議室のような場所に閉じ込められてかなり強い口調で元の病院のお偉いさん?に説教されたとか(;^ω^)

 

私の場合は自分の意志で先生について来たので、「きっと他の方もそうだと思いますよ。嫌だったら来ないですから」って言ったら、先生も「でしょ」って感じだったんだけど、元の病院の指令で連れてった患者の意思確認をしたいから一度患者を元の病院に来させろと言う指令があったらしい・・・(-_-;)

 

そんな訳で一度、元居た病院に行かなくてはならない事になりました(-_-;)

早ければ早いほどいいって言われたから、担当医の診察があった次の日も仕事休み入れてたので元の病院に行ってきましたわ。

ここのところ消毒GIG行ったり、月一の病院後にカマシワシントン行ったりで疲れてたからカマシの次の日は家に引きこもってユックリしようなんて思ってたのに、とんだ用事が出来ちまったもんだわ(-_-;)

 

で、前回の「白い巨塔」の更新では女にはめられたっぽいみたいな事を書きましたが、主治医が元の病院ではナンバー1だったんだけど、ナンバー2の先生の事を話したら「アイツが悪者なんだ!」みたいな事言ってたよ(;^ω^)因みにナンバー2は男の年配の先生。ナンバー2の先生、入院の時に1回見回りに来たから「優しそうな人だったけどな~」って言ったら「患者の前ではいくらでも嘘の顔できるからな!」だって(笑)

そんで、ビックリしたのが前回の記事で書いた女の事を勝手にアイツだって頭の中で想像してたんだけど、担当医が元の病院に行くなら○○先生の日がいいと思うよ~って言われて、私が悪者として見ていた女の先生の名前をあげるのよ。

 

へっ( ゚Д゚)?

 

って思いましたわ。私が勝手にアイツだなと思ってたのは、どうやら違ったらしい(笑)いやいや・・・ホント勝手に憶測でモノ言っちゃーいかんなと痛感したわ(;^ω^)これも担当医が中途半端にベラベラ喋るからいけないのよね(笑)喋るならちゃんと名指しで喋ってほしいわ。余計な事を想像しちゃうじゃんね。

 

兎にも角にも、私としては命救ってくれた先生なので先生の味方してあげなきゃ!って思い、元の病院に行ったら、こんな大病院が何セコイ事言ってんだ!ぐらいの事を言ってやろうと意気込んで行った訳ですよ・・・

 

で、次の日は担当医に言われた私が悪者と勘違いしていた女医先生の外来の日だったので行きました。そして呼ばれて中に入ってこれまたビックリ!

 

ワタクシ、この女の先生の顔も勘違いしておりました(-_-)全く知らない女医さんがいて

 

へっ( ゚Д゚)?

 

でしたわ。意気揚々と担当医の味方をしてあげるために戦闘態勢で診察室に入ったのだけど、女医さん、とても低姿勢で「すみませんね~」って感じで拍子抜けしちゃったよ。確かにね、患者さんには全く関係の無い大学病院のイザコザなんだから低姿勢にもなるわな(;^ω^)わざわざ患者来させてんだかんね。

 

話をしてみると、どうやら担当医が紹介状を作成して新しい病院に行く事になって患者さんも紹介状渡されたんだけど、その後に新しい病院には行きたくないって問い合わせや電話が結構あったらしい。それプラス、抗がん剤中の方などは新しい病院に行ったはいいけど、外科が出来たばかりだから看護師さんが慣れてなくてアタフタ状態らしい。

なので、抗がん剤中の方などは行くつもりだったけど、やっぱり戻りたいって人が多かったらしいわ。それと、紹介状なんかも本来なら患者さんが新しいとこ行って慣れてきて完全にそこの病院でOKですよってなったら紹介状を出すんだけど、担当医は紹介状を作成し勝手な判断をして元の病院の事務まで巻き込んで大変な騒ぎになったとか(;^ω^)

 

なんだかなーなんだかなーでしょー(;´д`)

 

長く先生と接してると情も出てくるから出来るだけ先生の味方してあげようとは思ってたけど、なんだか訳分からなくなってきたわー(笑)どっちがどうなんだか、きっとどっちもどっちなんだろうな~(;^ω^)だけど、こっちとしてはそんなつまらない事にストレス溜めないで患者の事だけを考えて治療してもらいたいもんだねーってそれだけなんだけどね。

 

この患者を巻き込んでの大学病院の大騒動、なんだか凄いね。色々な人間関係が渦巻いてるとは思うけど、どんな先生であれ治療さへしっかりやってくれればいいんだけどね。けど、抗がん剤中の人が元の病院に戻りたくなる気持ちは凄く分かるわ。抗がん剤はちゃんと血管に入れないといけないし、漏れたりでもしたら大変だし不慣れな看護師さんだと不安はデカいよね。まだ私は新しい病院に来て検査してないけど、そろそろ術後1年後の検査があるだろうから検査設備がどれぐらいちゃんとしてるのか、今でも不安はある。担当医が言うには「設備がなければ移動してない」とは言ってたけど。

 

うーん・・・(*´Д`)

今のとこ再発もしてないし、月一のリュープリン注射と薬もらうだけだからいいけど、再発でもして抗がん剤なんて事になったら考えちゃうかもな~

抗がん剤中の人が元の病院に戻りたいのは先生がどうこうじゃなくて、やっぱり設備面なんだろうからね。けど、設備面で患者がまた元の病院に戻っちゃったら担当医は屈辱だろうな~今まで大病院の部長やってた人が腕はあるのに、病院がしょぼいから患者減っちゃうって、相当屈辱的だよね(;^ω^)先生、プライド高そうだし。

 

今後、私自身、再発しない事を祈るばかりだわ(-人-;)再発さへしなければ今の病院でも問題無さそうだからね。

 

グダグダと書きました~

一応、自分の忘備録として残しました。

 

おしまい(●´ω`●)