anzuのブログ

カテゴリー:LIVE・音楽・バンT・カバーソング・日々の事・ぶらぶら歩き・食べ物・登山・登山バッジ・お守り・映画・旅行・漫画・夢日記・あんず・闘病日記。スマホの場合はタイトル下の「映画」「ライブ」などを押して頂くとカテゴリー毎に表示されます( ̄人 ̄)

赤毛のアン

 

 

赤毛のアン」は日曜日の19:30から世界名作劇場で1979年1月~12月まで放映されてました。私の記憶では大好きだったアニメ「トムソーヤの冒険」の後に放映された記憶だったんだけど、調べてみたら赤毛のアンは1979年からで、トムソーヤは1980年からの放映だったみたい。アンの後にトムソーヤだったのね。

 

1979年と言うと私が5歳の時。小学生ぐらいだった記憶でしたが、これも記憶違いでした(;^ω^)人の記憶なんてもんは曖昧なんだなって事がハッキリ分かりましたわ。 

赤毛のアン」を見ていたという記憶はちゃんとあるので今思えば5歳の時の記憶だったんだね~曖昧とはいへ、覚えてるもんね。

 

f:id:kosamebitaki733:20200908104730j:image

 なんで急に「赤毛のアン」の話しをし出したかと言うと今、東京MXで月曜の19時~20時までアンの再放送をやっているのです。あと10話ぐらいで終わっちゃうと思いますが。たまたま偶然、1話を放映した時に懐かしい~と思って見始めて、せっかく最初の1話を見たなら続けて見よぉ~って事で録画して毎週見てます。因みに今、「未来少年コナン」もやってるからそれも録画して見てます(^^)/

 

アンの思い出と言えば「まぁ、なんてロマンチックなんでしょう~」ってアンが言う言葉。よく父親が当時何かって言うと「なんてロマンチックなんでしょう~」ってアンの真似して言っていたのを思い出します(笑)

 

f:id:kosamebitaki733:20200908105556j:image

 幼少期の頃のアンは言動や行動が本当に面白かった。屋根から落っこちたり、赤い髪が嫌で毛染めをしたら緑になっちゃったり、相手が誰であろうとも間違ってると感じたら感情的になっちゃうし、船で流されたり、木々に名前を付けたり、毎回毎回放映される度に何かやらかしてくれるのが最高に面白かった!

 

 

f:id:kosamebitaki733:20200908104737j:image

 その中でもギルバートとのこのシーンは印象深い。ギルバートに赤い髪の毛を「にんじん!」とからかわれボードでギルバートの頭をぶっ叩くというシーン。感情が抑えられない子供時代だったのがよく分かります。

 

f:id:kosamebitaki733:20200908104753j:image

 その後もギルバートとの因縁は続いていく。ある時、友達と物語のお芝居をしていてアンは船に乗って川を渡る役をやる事になったんだけど、船に穴が開き水が入ってきてしまう。その時たまたま釣りをしていたギルバートに助けられてギルバートは、いつぞやの「にんじん」と罵った事を誤るんだけど、アンは強情にも許すわけにはいかないと突っぱねてしまう。

 

それがね、アニメでは放映されないけど小説の方では将来この2人は結婚するんだよね~( *´艸`)むふふ~な感じなのですよ。それを知ってるから余計ギルバートとアンのシーンは微笑ましいのよね。

 

幼少期の頃のアンはハチャメチャで子供ながらに見ていて面白かったんだけど、アニメの後半はアンが段々と大人になりハチャメチャな言動も減っていきます。 

 

 

f:id:kosamebitaki733:20200908120647j:image

 

 顔だちもすっかりお姉さんになり、今までは思っていたことを直ぐに口にするお喋りさんだったのが言葉数も少なくなり、振る舞いも上品になって、ハチャメチャ感が全く無くなってくるので当時見ていた5歳の子供にしてみたらアニメの後半は退屈に思えてしまって最後まで見たかどうかも忘れるぐらい記憶が無いのですよね。

 

確かに5歳の子が見るには後半の大人になってからのアンは退屈に感じたかもしれないけど、今この年になって見ると大人になってからのアンのストーリーが物凄く心打たれるのよね。孤児院からやって来たアンを引き取ったマリアの心情やら、マシューの優しさやら、アンの成長にジーンとしてしまう話しが多くなってくるのです。

赤毛のアン」こんなに良い話しだったけー!?って思うほど大人になってからのアンのストーリーに感動しております。これはね、大人になってから見るアニメと感じたわ。すっかりアンのファンになってラインスタンプまで買っちゃったよ(;^ω^)友達いないから送る人もいないんだけど(笑)

  

 

 そしてなんと!今度NHKでカナダで作られた海外ドラマ実写の「赤毛のアン」が放映されるのです!なんというGOODタイミング!

本当は6日から放送予定でしたが台風の影響で13日からになりました。予告だけ見ると実写のアン役の子、アンにそっくりじゃないか(≧▽≦)こりゃ期待できるぞ~!

しかしですね、今回のは元のストーリーを現代風にアレンジしてるところもかなりあるようなので、それが吉と出るか、凶と出るか・・・

出来れば不朽の名作は変にアレンジしないでそのまま再現してもらいたいもんだけど、どーなるんでしょうね~。楽しみであります(*´ω`*)

 

赤毛のアンのアニメの再放送が終わったらトムソーヤの冒険か、南の島のフローネやってくれないかな~

 

 

 

おしまい(●´ω`●)