anzuのブログ

カテゴリー:LIVE・音楽・バンT・カバーソング・日々の事・ぶらぶら歩き・食べ物・登山・登山バッジ・お守り・映画・旅行・漫画・夢日記・あんず・闘病日記。スマホの場合はタイトル下の「映画」「ライブ」などを押して頂くとカテゴリー毎に表示されます( ̄人 ̄)

スカタライツ ☆ 渋谷クラブクアトロ


10月8日(土)

イメージ 1

何度か日本に来日はしてるけど見逃していたこのバンド!
60年代のジャマイカから生まれたSKAを当時から演奏し続けている
スカタライツ!やっと観る事が出来ただよォ~(T_T)

実はこの日、東京キネマ倶楽部竹原ピストルを観に行こうと思って
チケットも取ったんですが、後からこのスカタライツ来日の情報が
飛び込んできて、こりゃ~いつでも観れる竹原よりもスカタライツでしょ!
って事で竹原のチケはお譲りしてスカタライツに行く事にしたのです。

今、スカタライツはワールドツアーを行ってるようで日本の前に
香港だったのかな?日本の次がメキシコ→フランス→イタリア・・・
とまだまだツアーは続くようです(*´ω`*)

世間でいう3連休の初日!
こんな日は出来る事なら近づきたくないあの街へ繰り出したわさ!

忠犬ハチ公で有名な渋谷でございまぁ~す
クアトロは音も良いし、ステージも高いから観やすくて好きなんだけど
渋谷っちゅー場所がね

ささ、そんなどうでもいい話はさておき
東京公演はゲストにこのバンド!


Ska Frames


イメージ 2

9月10日にスカビルで観たこのバンド!
また観れるとは嬉しいね~( *´艸`)



85年から活動している日本のSKAを代表するバンド!
日本にはオリジナルのSKAよりも、スカコアスカパンクをやってる
バンドの方が多い気がするけど、スカフレイムスはあくまでも
オリジナルのSKAを大事に継承してる数少ないバンドだと思います。
かと言ってアルバム毎に全く違った色を見せてくれるし、日本ならではの
音をふんだんに取り交ぜながら独自のSKAを貫いている
カッコいい日本が誇るSKAのバンド!

けどさ、スカパラはナンであんなに人気あんのにスカフレイムス
知名度はこんなにも低いんだろうね(-_-)
まぁ、本人達がそこを求めてないのかもしれないけど。
こんなカッコ良いのにね!
最後に演奏したTOKYO SHOT!スカビルのブログの時に映像を
貼り付けたから今回は違う曲にしたけど、やっぱこの曲は
盛り上がるね~!!!スカタライツが出てくる前にエネルギーを
だいぶ使っちゃったわよ(笑)

そして次はいよいよ!



イメージ 4

ひゃあ~
スカタライツが目の前に~

前回来日したのが2014年で、その前は2010年で
この時はギャズがDJという何とも豪華なライブで今年5月に来日した
ストレンジャー・コールまで来てたんだよー
旦那は観に行ってんだけど、私はなぜか行かなかったのよね。
当時はライブは殆ど行って無かったし別に観なくてもいいわ~
なんて気持ちだったんだけど、今思えば勿体ない事したわよね~(>_<)

ストレンジャー・コールと言えば5月の来日の時に空港で
「YOUは何しに日本へ」の取材に捕まってテレビに出てたわね(笑)
この番組、前にナパーム・デスも捕まってなかったっけ(;^ω^)?




渋谷のセンター街にあるライブハウスが一瞬にして
60年代のジャマイカにタイムスリップ!
ジャマイカとは程遠い日本の片隅で50年以上前から演奏されていた
音を感じてるなんて感無量だね~(T_T)
しかも決して古臭い音なんかじゃなくて50年ずっと今も続いてる音!
ハーダー・ゼイ・カムを観た事ある人ならお分かりだと思うけど
当時の60年代のジャマイカなんて貧乏人はギャングになるか
サッカー選手になるか、ミュージシャンになるか?なんて選択しか
ないような時代。(今もか(;^ω^)?)そんな時代に大量の音楽が
スタジオ・ワンで録音された訳で、当時スカタライツも2年しか
活動せずに、一旦活動休止してるのよね。だけど音源がたくさんあるのは
相当、録音したんだろうね(笑)先日亡くなったプリンス・バスターなんて
今でこそSKAのKINGなんて崇められてるけど、元々はギャングで
スタジオの用心棒だからね(笑)そういう所から、こういったSKAの
ような明るい音が生まれるってのはジャマイカって凄いよね。
日本だったら湿っぽい演歌で、イギリスのPUNKだって同じような
境遇で出てきた音だけどこんな明るさは無いわよね。

やっぱり、気候が暑いと終いにはもうどーでもええわい!って
もの考えるのが面倒になって開き直っちゃうのかね(;^ω^)
いや、人の思考力に気候って私は左右されると思ってるのよね~
あ、あとジャマイカマリファナか!
これが一番人を明るくさせる要因かもな(笑)
(って最終的にマリファナでまとめる。笑)



「Freedom Sounds」の前奏には鳥肌立ったよー(ノД`)・゜・。
うっわーカッコええなぁ~って!
そしてフロアはダンスの嵐!当券が出てたから、そんなに超満じゃ
ないのかな~なんて思ってたら、甘かったわ!
フロア、ぎゅうぎゅうだったよー

そんな中、SKAや、スカパンクもそうだけどライブでよく見かける
低空ダンスってのがあるんですよ。腰を低くして手を左右に大きく振る
ダンスが。あれが始まると数人が輪になって踊り出すんだけど
ここだけの話さ(公表してたらここだけにならんって?)
あの低空ダンス、邪魔臭いわよねぇ~
あ、言っちゃった、言っちゃった( *´艸`)ダマッテヨウトオモッタケド

フェスとか、スカビルの時の野音のような広い空間があれば未だ
いいんだけど、ぎゅうぎゅうのライブハウスでやられるとねぇ。
って、私はそれよりも、まず皆で同じ踊りをするっちゅーのが
ショウに合わんのですよ!私の協調性が無いだけか?(笑)
メロコアのライブとかでも見かけたグルグル回るあのモッシュも嫌い。
演者と一緒に拳を上げるとか、手を振るとかはいいんだけどね。
ダイブとか、激しく一人でポゴダンスして多少回りの人に
ぶつかるとかは全然OKなんだけど
皆で踊んなくても自分で好きなように踊ったらいいじゃんか!
皆と合わせなくったって自然に音楽に身を任せたらいいじゃんか!
って言うアタシはやっぱり捻くれものか(;^ω^)?

なにおぉ~( `ー´)ノって思った方
楽しく踊ってんのに釘を刺してごめ~んちょ
ブログは正直にもの申す事が出来る場所と思ってるので
言わせて頂きやした~思ってるだけで蹴ったりしないから大丈夫よ(笑)




イメージ 3

オリジナルメンバーのレスター・スターリングもマダマダ元気でした!
ジミークリフや、ケンブースとかと同じ時期ぐらいだから70歳前後
ぐらいなのかな。2010年の来日の時はドラムの人もオリジナル
だったみたいだけど、ドラムの方は亡くなってしまったそうです。

まぁ、オリジナルメンバーの方が今でも健在で来日してくれるのは
すっごく嬉しいし、テンション上がるけど、スカタライツは特に
オリジナルじゃ無くてもメンバーを変えて永遠に続けられるバンドだと
思うからまた頻繁に日本に来てもらいたいね~(*´ω`*)


イメージ 5

ドリーン・ジェイファーを迎えて、まさかこの曲が聴けるとは
思わなかったよ~(≧▽≦)



You're Wondering Now

つーか、スカタライツの音源でこの曲が録音されてる事すら
知らなかったわ(;^ω^)PUNK好きな方はスペシャルズを聴く人も
多いから、スペシャルズの曲だと思ってる人も多いのでは???

実は私もずーーーっとスペシャルズの曲だとばかり思ってたんです。
センスある選曲を頻繁にアップしていて今やブログ界からパッタリ
姿を消してしまった札幌ボビーさんが
この曲の原曲をアップしていて、その時に初めてスペシャルズ
曲では無いことを知ったのです!!!Σ(・ω・ノ)ノ!
そんなふうに思い込んでる曲、まだまだいっぱいあるんだろうな(笑)


原曲はAndy & Joeyです!

お馴染みのスペシャルズのバージョン

Amy Winehouseもカバーしてます
Amyのドキュメント映画やってたね。ジャニスのような死を迎える
人はもう出ないかと思ってたら・・・悲しい死でしたね
 




My Boy Lollypop

この曲も良かったな~(*´ω`*)
バービー・ゲイのカバーですね。あと「Simmer Down」も!!!
ボブ・マーリーが可愛い声で歌ってるわね( *´艸`)
SKAは曲知らなくても楽しめちゃうけど、やっぱり知ってる曲を
やってくれるとテンション上がるわね


ワンステージ終えて聴きたかったこの曲も!

イメージ 6

スカフレイムスの伊勢さんがボーカルを取るのは!



RINGO~\(^▽^)/

この曲、私のブログで画像のせるの何回目かしらね
美空ひばりの「リンゴ追分」が何ゆえに60年代のジャマイカに渡り
スカタライツにカバーされたのか?今でも謎は深まります。

この曲のおかげで当時から、SKAと日本が繋がってると感じる
嬉しくなるようなカバーだわよね~
SKAは何にでもいい感じにカバー出来ちゃいそうよね。
サブちゃんの「与作」のSKAバージョンなんていいかもよ

スカフレイムスの伊勢さんのボーカルはスカタライツをバックに
歌ってるにも関わらず物おじしない堂々とした歌いっぷりが最高でした!
スカフレイムスも長年やってるバンドだけあって安定した
風格があるわね!あ、伊勢さんの体系がって事じゃないわよ(;^ω^)
って、そんな事は誰も言っとらんか


イメージ 7

最後はスカフレイムスと一緒にセッション!
このセッションが終わった後もレスター・スターリングはいつまでも
ステージに残って1曲披露してくれました!
ステージだけでも2時間ぐらいみっちりやってくれたのに
なんてサービス精神旺盛なんだー


イメージ 8

Tシャツだす。
旦那だけ買いました。50周年は2014年に迎えてるから
Tシャツ、余ってたものかしらね(;^ω^)


イメージ 9

SKA発祥の国ジャマイカの音を生で体感出来たのは凄く有難いこと
ジミー・クリフ観て、ケン・ブース観て、スカタライツと観たので
いつかメイタルズも観たい\(^▽^)/
そういえば、この次の日にアルトン・エリスの息子がライブをする
みたいでした。日本に来てるならスカタライツで1曲ぐらい
歌ってくれればいいのにね。。。ってそうもいかんか
けどさ、父親の歌を歌いに海外まで来ちゃうって凄いわよね
尾崎豊の息子が父ちゃんの曲歌って海外に行くような感じでしょ。
アルトン・エリスとは知名度も違うけどさぁ(;^ω^)
アルトン・エリスも死んじゃったからもう観れないけど
観たかったなぁ・・・

この日の客層はちょっと年齢層高めな感じだったけど
年齢に関係なく、時代も関係なく、この先も古臭くなる事なく
この先もずっと楽しめるだろうなと!だからこそ数年後でもいいから
また来日しておくれよォ~!フジロックは行かないからダメよ(笑)

楽しい一夜でした♪
SKAばんざーい\(^▽^)/



お付き合い頂いて有難うございました♪
おしまいです(●´ω`●)