anzuのブログ

カテゴリー:LIVE・音楽・バンT・カバーソング・日々の事・ぶらぶら歩き・食べ物・登山・登山バッジ・お守り・映画・旅行・漫画・夢日記・あんず・闘病日記。スマホの場合はタイトル下の「映画」「ライブ」などを押して頂くとカテゴリー毎に表示されます( ̄人 ̄)

American Valhalla ☆ イギーポップ



ジム・ジャームッシュが撮ったイギーポップのドキュメントを
観たのが去年の9月。そしてまた!イギーのドキュメントが上映された!で
今回は2016年に出たニューアルバム作成を追いかけた
ドキュメントになってます。観たのはもう1ヶ月前ぐらいなので
今はもう上映してないと思うけど場所は新宿シネマカリテ
イギーの映画が立て続けに上映されているけどイギーの
リバイバルブームがきてるのか?いや、廃れた時期があった訳では
無いけど、ここのところやけに映画化されてるからね(;^ω^)
60年代に出てきたミュージシャンが今、次々と亡くなっていく中、
イギーは時代の生き証人だものね。今、イギーを撮っておかねば!
って事なのかな。デヴィット・ボウイも死んじゃったしね・・・


イメージ 1

新しいアルバムはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ(長い
ってバンドの人と組んでいて全く知らないバンドだったけど
有名な人気のあるバンドのようね。
イギーはクイーンズのメンバージョシュにアルバム制作の依頼をするんだけど
イギー自ら本人にメールをしてコンタクトを取ったそうです。
本人からメールが来たらビックリだわよね(笑)
いたずらだと思っちゃうわよね(;^ω^)

その後もイギーは手書きの手紙を送ったりもするんだけど
いや~思うのは日本のバンドでもそうだけど、なんとなくバンドの
メンバーの中でこの人がチラシ作ったりライブのスケジュール考えたり
してるんだろうなって感じる事があるんだけど、Twitterなんかでも
ファンの声を拾ってツイートしたり、ライブの宣伝したり、
たかだかそれだけの事でもやらない人はやらないもんね。
バンドの中で誰か一人でもマメな人がいないとバンドが長続き
していないような気がする。バンド長続きしてる人は絶対にマメで
几帳面なところもあると思う。昔のイメージだとバンドマンってルーズで
いい加減ってイメージがあったけど、歳を重ねて30年以上もバンドを
継続できる人はルーズでいい加減では絶対に無理だと思う!って、
アタシは思うのよね(-_-)イギーポップもね、この映画観てたら凄
くマメな人だなって感じたわ。
若い時はドラッグやってハチャメチャな人生のように見えるけど
きっと死なずに今でも現役で活躍しているのはハチャメチャの裏に
きちっとしてるところはしてたんだろうなって思うわね。
だってね、映画の中でジョシュに会いに行くシーンがあるんだけど
バッグ1つ持って一人で行ってジョシュの家の前でイギーがポツンと
立ってたっていうのよ!イギーが家の玄関の前に立ってるのよ!
しかも一人で!(笑)これだけ名のある人が一人でメンバーに会いに行ったり
するんだ~なんて関心しちゃったわ。
この映画観たらね、イギーが死ななかった理由が
なんとなく分かった気がする。

イメージ 2

現在71歳!
未だにライブでは上半身裸!(笑)
上半身裸の体を見るとシワシワでシミだらけ。
とてもカッコいいとは言えないみっともない老人の身体です。
けどね、ステージで歌うイギーの姿は老人とは思えないパフォーマンス!
年とってきたらシミやシワぐらい当たり前だろう。
それも含めてイギーの生きた証!イギーポップそのものなのだ!
シミやシワ、老体の見た目の体つきさへも蹴飛ばすぐらい
ライブで歌う姿はカッコいい!の一言!
これぞイギー!って思う姿は今も昔もだ!




この映像はずばり2016年、ジョシュとツアーに出てた時のライブ映像ね。
この時、日本に来なかったから今後、日本に来る事は無いのかもしれない。
イギーポップ、一度は観たい!
なんとか日本に来日してくれないものか・・・

映像で見ても現在のイギーがこれだけカッコいいんだからライブで見たら
それ以上なんだろうな。今、日本のミュージシャンも50.60歳になっても
punkで歌ってる。若者の音楽を否定する訳ではないけれど、
ワンオクロックとか聴いても全くグッとこない。

私が若い時に聴いていたバンドの人達も当時は若かった。
そして今、年を取り声を枯らし歌ってる。病気と戦いながらの人もいる。
なんかね、年を重ねて来たからこその年輪と言うか積み重ねて来た生き様に
今は凄く心打たれてる。
もちろん、それは曲の良さが大前提にあってこそだけど。
若い子は出来るだけ同年代のバンドの音楽を聴いた方がいいと思うけど、
なんかね、年を重ねてきたバンドや、イギーの姿を見てるとね
ホント、すげー!って思うのよね。言葉でうまく表現できないけど、
すげー!の一言。
だってね、71歳で新しいアルバム出してワールドツアーしてるのよ!
当時は2016年だから69歳か。
醸し出す貫禄は積み重ねてきたイギーの人生そのものなんだなって
ホント感じるわね。イギーポップ、マジで見たいっす!
死ぬ前に誰が熱烈アプローチして日本に呼んでくれー!(笑)



おしまい(●´人`●)