anzuのブログ

カテゴリー:LIVE・音楽・バンT・カバーソング・日々の事・ぶらぶら歩き・食べ物・登山・登山バッジ・お守り・映画・旅行・漫画・夢日記・あんず・闘病日記。スマホの場合はタイトル下の「映画」「ライブ」などを押して頂くとカテゴリー毎に表示されます( ̄人 ̄)

乳癌宣告後にみた夢


夢日記の書庫もあるので、出来るだけ見た夢は覚えていたら
残すようにしています。今回のはすべて2018年1月に乳癌宣告後に
見た夢です。


(母が亡くなる夢)
仕事中に母が亡くなったという知らせを受ける。
何かの病気で手術をして成功したが数時間後に亡くなったらしい。
悲しみでいっぱいになったが、私は乳癌になってしまったので
もしかしたら母より先に死ぬ可能性もあったので
母が先に逝ってくれたのは悲しいけれど
返って良かったのかもしれないと思っている夢。


(従妹が癌になる夢)
従妹が癌になったと告げられる。
脳の癌らしい。
2人に1人が癌になる時代。
私以外にもとうとう身内に癌が出てしまったかと思ってる夢。


(親戚が癌になる夢)
親戚が末期がんで入院する。
夜に見舞いに行く。夜遅いので病院に泊まる事にした。



(子宮は摘出してるし、ホルモン治療中なので無いはずなのだが・・・)
生理になる夢を見る。


抗がん剤中に父の墓参りをした夜に見た夢)
父親が私の髪の毛の抜けた頭を見て
「随分と抜けちゃったな。治療頑張れよ!」と言われる。
私は「うん。」と答えた。



(乳癌になり姉があまり連絡くれないなぁ。と思ってる時に見た夢)
どこかの場所に姉と一緒にいる。
姉に「あまりにも連絡くれなさすぎじゃない?」って
怒りながら言う。姉は「そろそろ連絡しようと思ってたところ」
と答える。私は「連絡くれても何も言う事は無いから!」と告げる。
姉は悪いと思ったようで帰り道のタクシーを拾おうとするが
私は「歩いて帰る体力があるから大丈夫だ!」と言い残し
スタスタと先に帰ってしまう。





以上。
不思議なもんで、その時の心情がおかしな形で
夢に現れる事って多いのよね。